クラビット錠を薬局で買う方法はあるの?

クラビット錠を薬局では買えない

クラビット錠が市販薬であれば、薬局で気軽に購入することができるのですが実際には購入することはできません。しかし、病院に行って処方を受けるのにも、そういった時間がなかなか取れないという方もいるでしょう。それを解決する方法として、世間にあまり知られていない手段があるのです。

 

クラビット錠を薬局以外で入手する方法は?

薬局には風邪薬等の内服薬や傷薬などの外用薬といった様々な薬が並んでいます。ですが、これらはすべて一般的な市販薬でクラビット錠は置いてありません。クラビット錠は医師の処方が必要な薬だからです。

 

クラビット錠などの抗生物質は処方医薬品というカテゴリの薬品になります。処方医薬品は一般人は販売することはできません。ごく一部の都道府県知事から許可を受けた場所でのみ取り扱うことができるのです。

 

クラビット錠は、入手に処方箋が必要な薬ですから、まずは医師の診察を受ける必要があります。クラビット錠を手に入れたいという方の中にただ漠然とクラビット錠が欲しいという方はほとんどいないと思います。何かの病気の治療目的がほとんどでしょうから、気管支炎であれば呼吸器科、膀胱炎であれば泌尿器科を受診するようにしましょう。そこで医師が治療の為に必要だと判断すればクラビット錠を処方してもらえます。

 

ですから、もしもクラビット錠が欲しいのであれば薬局やドラッグストアではなく、病院で診察を受けて処方してもらうのが正攻法です。とはいえ、忙しくて病院に行く暇が作れない、まだ子供が小さいので目を離せない、といったまとまった時間を作れない人は病院に行きづらいでしょう。

 

クラビット錠は個人輸入代行で手に入る

薬局で買うことはできませんが、個人輸入代行業者を使えば簡単にクラビット錠を入手することができます。クラビット錠は本来病院で処方してもらうしかないのですが、輸入代行を使えば入手できます。

 

輸入代行を使えば病院に行って診察を受けなくていいので時間を取られることもありませんし、診察代もかかりません。ネット通販感覚で買い物ができるので簡単です。更にジェネリックを利用すればかなり薬代を抑えることができるでしょう。

 

下の表は輸入代行業者の中で安価な業者をいくつかピックアップした物ですので参考にしてみて下さい。
※クラビット錠ジェネリック250mg1箱100錠入り 1錠あたりの値段

オオサカ堂 薬王国 ベストケンコー
30.5円(最安No1!) 40.0円 44.8円

 

また、一刻も早く症状を治めたい方は、どのくらいの期間で薬が届くかも気になると思います。というわけで、下の表は注文してから薬が届くまでの速さのランキングになります。

 

ベストケンコー オオサカ堂 ベストケンコー
最短4日(最速No1!) 最短5日 最短7日

 

また、上の表の値段はあくまで1箱ずつ買った時の値段です。一度にたくさん購入すれば価格は変わってきます。とはいえ、いきなり大量購入はおすすめできません。最初は1箱購入して、薬が気になれば以降はまとめ買いするという買い方をすればお買い得でしょう。しかし、安く買えても服用量は守って大量摂取はしないようにしましょう。

 

タイ(バンコク)などの海外の薬局でクラビット錠は買えるの?

クラビット錠は個人輸入で手に入れられることからわかる様に、海外の一部の国では購入が可能です。タイ(バンコク)であればクラビット錠が購入可能ですし、香港やシンガポールではクラビット錠のジェネリックを取り扱っており街中の薬局で気軽に購入することが可能です。
食事環境、特に水の質が違うこともあって海外では食あたりの心配が常に付きまといます。海外旅行ではまずは現地についたら食事をする前に薬局でクラビット錠かジェネリックを探して購入しておくのもいいかもしれません。ただし、海外で薬を購入する際にはニセモノに気をつけて下さい。効果がないだけならマシな方で、中には健康被害をもたらす悪質なものまであります。

 

個人服用が目的であれば、海外の薬局で購入した薬を日本国内に持ち込むことも可能です。手法は違いますが、これも個人輸入にあたります。個人輸入は諸々の手続きが必要となりますのでやや面倒になってしまいますから、もしもそれが嫌な場合は余った薬は現地で破棄するようにしましょう。

 

手続き自体は済ませておいても、空港でこの薬は何かと執拗に聞かれることもあります。その際にはどんな薬かすぐに説明できるようにしておいてください。誤解を招く可能性がありますので包装シートから出してむき出しの状態でピルケースに保管するのはやめておきましょう。日本でなら問題はありませんが、言葉の通じない外国ではトラブルの原因となる恐れがあります。包装されたままであれば、最悪包装シートの薬品名が書いた部分を指さすなどで何とかなります。

 

クラビット錠ってどういうもの?

クラビット錠はいわゆる抗生物質です。非常に多くの細菌に対して効果があり、さまざまな感染症に対して用いられます。一般的なものを挙げても、気管支炎、扁桃炎、咽頭炎や喉頭炎のような風邪様症状に始まって、皮膚炎や中耳炎、歯周炎、膀胱炎、前立腺炎、腎盂腎炎、肺炎などなど、それこそ数えきれないくらいの細菌感染症に対して用いられるのがこのクラビット錠です。
基本的な用法用量としては、1回あたりクラビット錠500mgを1日1回投与します。このクラビット錠は体内にとどまっている時間が比較的長いので、服用回数は1日1回ですみます。もし、体内にはあまりとどまっていない薬ですと、例えば毎食後のように1日3回服用しなければならないかもしれません。

 

ちなみに、クラビット錠に限らずどんな抗生物質でも同様ですが、必ず医師の指示に従って、仮に症状がおさまったように見えても服用を続けてください。自分の勝手な判断で、症状がなくなったからといって飲むのをやめてしまっては決していけません。これは、耐性菌というものの発生を防ぐためです。一見症状がおさまったようにみえても体内では細菌が残っていることがあり、しっかりと最後の最後までやっつけておかないと、クラビット錠に強い細菌だけが生き残ってまた増殖することがあり、そうなると今度はクラビット錠を飲んでも同じようには効かなくなることがあるからです。